なぜ口臭があるのか原因を知ってから対策を考えよう

笑うレディー

口の臭いの原因とは

口元

自分で臭いが分かるのか

口臭が自分で分かるようにするためには両手で口を塞いで息をしたり、手を舐めてみてその唾液が臭いと分かった時に分かるようになります。口臭が原因となっている理由としては体の水分不足や舌の清潔さ、またあまり知られていませんがストレスも大きく関わってきます。その理由としては、唾液の分泌量が少なくなるにつれて口が渇き、臭いが発生するためです。簡単に説明すると排水溝の臭いと同じように、水がある時には臭いはしませんが水がなくなると臭くなる原理と同じことが言えます。このように購入が自分でも分かるようになるには臭いを感知するよりも、口が渇いていないかどうかを確認することによって分かるようになりますので意識することが大切になります。

口の臭いを軽減するには

口臭を軽減させる対策としては、自分で分かるようになってから人と接してしまうと口臭がしているのではないかということを意識しないといけません。水分不足によるものもそうですが、口呼吸による口内の乾燥も原因とされています。これらの対策はいくつもありますが、一定時間ごとの水分補給や歯磨きの際に舌を綺麗にすること、口呼吸を行わず花呼吸に切り替えるなど対策を普段から取ることが重要です。このように対策をしていても口臭を完全に防ぐことは難しくなりますが、軽減させることができます。人と接する機会の多い方は、食事にも気を付けましょう。臭いの発するものとしてはねぎやにんにく、スパイスなど臭いの発するものが挙げられますが、かつ消化しにくい食べ物が臭いを発ししてしまいますので注意が必要です。